一昨日は、 曇っていた。

過ごしやすかった。

 

朝から、本気トイレ掃除と、玄関の壁の掃除をした。

本気トイレ掃除は、毎日の簡単便器磨きだけでなく、

壁も天井までしっかり拭き、

便器の奥まで手で布を突っ込んで拭く。

玄関の壁は、クリーム色の壁紙が張ってある。

壁紙用の洗剤をスプレーしながら拭き上げたが、

水拭きで仕上げ拭きをしたら、

うっすらと白い雑巾がグレーががったので、

壁も案外汚れているのだなあと思った。

見た目は、拭く前と変わらないが、汚れがとれたのだなあと。

 

お昼ご飯を食べながら、テレビを見た。

植木の手入れをしている人が映っていた。

 

そうだ、私も、庭木を伐ろう。

そう思ってしまった。

 

とても狭い庭だが、何本か庭木がある。

 

60年前に植えられたもみじとロウバイが、

今、めちゃくちゃ伸びてしまっている。

みっともなく、好き勝手な方に、ぴんぴんはねている。

みっともなく、ぴょんぴょんはみ出ている。

 

前から気になっていたが、曇りの日は、庭仕事のチャンス。

 

長袖を着て、虫よけスプレー吹きかけて。

 

伐った。

もう、思いっきり伐った。

 

低い植木もすっきりと刈り込んだ。

ついでに草むしりも少々。

 

上ばかり向いていて、首が痛くなった時点で終了に。

足首から蚊が入り、刺していったようだ。かゆい。

 

脚で押し込んでぎゅうづめにしたごみ袋。

押し込み過ぎて、ちょいと破れてしまった。

45リットルのごみ袋に、3袋分、伐った。

 

家の中からの景色が、少し、すっきりした。

車の上に届きそうに下がっていた枝も、なくなってすっきり。

みかんの木にも、よく陽が当たるようになった。

 

母は、喜んでくれた。

人が喜んでくれるのは、励みになる。

うれしい。

 

夕方、母のお友だちが、野菜を持ってきてくれた。

あら、すっきりしたねえ。

と言ってくれた。

よしよし。

 

お向かいの家の奥さんも、

きれいになりましたね。

がんばったてたねぇ。

と言ってくれた。

よしよし。

 

義妹が、パートから戻ってきた。

彼女は、もみじがすっきりしたのに気が付かない。

残念だ。まことに残念。

 

弟が帰って来た。

暗いから仕方ないか、気が付かないか。

車を置くところがすっきりしたはずだが。

車を出たところの植木も、すっきり小さくなってるはずだが。

一言もない。

気が付かないんだ。

こいつも、残念なヤツである。

 

昨日、姪っ子が、帰って来た。

2歳児を連れて。

かわいいなあ。

3週間ぶりかな。そして、彼女は言った。

なんか、このへん、すっきりしたような気がする。

 

ニブちん夫婦の娘なのに、この姪っ子は、ちゃんと気が付く。

姪っ子に免じて、ニブちん夫婦は許してあげよう。

気が付かないから、ありがとうが言えない人たち。

心が狭くて幼稚な私は、「きれいにしてくれて、ありがとう」と一言、言われたいのである。

 

 

そろそろ、高枝伐り鋏、新しいのが欲しいなあ。

 

 

お帰りに、応援のクリックをしていただけると、励みになります。


にほんブログ村   ありがとうございました。