和歌山県田辺市秋津川に20日、旅する珍鳥ヤツガシラ(ヤツガシラ科)1羽が飛来した。

日本野鳥の会会員は「旅の途中、県内では毎年のようにどこかに飛来していると思われるが、数は少なく実際に目撃するのはごくまれ」と話している。

秋津川では、県道沿いにある草むらで餌の小動物をついばんだり、車を避けながら県道を横断してうろうろしたりしていた。
繁殖地の北に向かう途中、飛来したとみられる。
ヤツガシラは全長26センチほど。頭に冠羽があり、上半身は黄褐色で、翼や尾などは白と黒のしま模様。
ユーラシア大陸とアフリカの熱帯から温帯で広く分布する。

日本には春や秋に飛来し、草地や芝生などで1羽で見られることが多い。
数分で飛び去ることもあれば、数日滞在する場合もあるという。

2013年4月、田辺市天神崎で確認された時は2日間いた。

草むらから県道に下りようとするヤツガシラ
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/newsphoto/L3324541.jpg

配信 (2017年4月21日更新)

紀伊民報 ニュースサイトを読む
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=332454&p=more

コメント一覧
珍獣言うな
あらかわいい
チン長禁止
昭和天皇御用達の鳥か
大阪のヒョウ柄おばちゃん?
>>1
ヤツガシラは世界で1科1種の珍鳥。全長約28センチ。
冠羽と呼ばれる頭上の羽根を広げると扇状になるのが特徴です。

夏は西ヨーロッパ等で繁殖、冬はアフリカのサハラ砂漠等で越冬している渡り鳥です。
日本では過去秋田県、長野県、広島県で繁殖の記録があります。

日本にも旅鳥として北の繁殖地に向かう際に立ち寄ることがありますが、めったに目撃できない大変珍しい鳥です。
今年は2月に群馬県館林、今月6日には長崎県五島でペアのヤツガシラが目撃され愛鳥家の間で大変話題になりました。

4/6 五島で2羽並んで餌をついばむヤツガシラ
https://www.nishinippon.co.jp/import/nagasaki/20170406/201704060001_000.jpg?1491426122

2/17 群馬県館林市のつつじが岡に飛来したヤツガシラ
https://www.youtube.com/watch?v=lyJJ8UIP0iM

※参考ニュース
なぜここに…? 珍鳥ヤツガシラの目撃情報 館林(上毛新聞 2017年2月18日)
http://www.jomo-news.co.jp/ns/6114873456041876/news.html
珍鳥ヤツガシラのペア仲良く 五島(西日本新聞 2017年04月06日)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/319699
シンゴジラ?
キングギドラみたいなイメージ
シギの仲間かな?

そこらチョコチョコ走り回ってたら二度見するな